もうすぐ閉館の東京タワー水族館に行ってきました。

アベニーのこともいろいろ書きたいのですが、とりあえず今あげたいこの記事。

行ってきました。
東京タワー水族館です。

TTA!TTA!(Tokyo Tower Aquarium)
東京タワーの真下にある都内のど真ん中の水族館。

今年の9月30日に閉館してしまうそうですね。。。

ううう。。。すごく悲しい。。。

私は多分これが3回目の訪館。

なんといってもこの水族館、珍しくアベニーパファーとミドリフグの展示をしています。フグの種類も充実。他の水族館でミドリフグって見たことないので、そりゃもう私的には大好きな水族館でした。

入るとすぐに淡水フグスペース。
横に長い水槽で、わりとゆったり暮らしてるフグズ。

美しいファハカ。

お肌すべすべ。

こちらも綺麗なアベイ。

インドマミズフグに、

スバッティ。

そしてアベニー。

アベニーは水槽に対してだいぶん少ない!よけい小さく見えます。でも広いのでストレスなく暮らしていそうな感じです。

中に入ると、海水フグはじまり。
コンゴウフグ。

とか、サザナミフグ。

ディスプレイ的には、ほぼベアタンクな感じなのでちょい他の水族館に比べると寂しいのですが、どの子もとても丁寧に飼育されていると思います。

その証拠に、ひれがとても美しい!

大きい水族館のフグは、大きい水槽に混泳してるせいなのか、ヒレがボロボロの子が多いんですよね。成魚を自然から採取してきたからなのかな?

でもここの子は、ヒレがきれい~!フグのなりやすい尾ぐされ病とかになってもちゃんとケアしてもらっているんだろうなーと思います。

なので、ふぐ飼いの視点からみてもいい水族館なのです。

海水魚のキッズを集めたスペース。

かわいいハコフグの赤ちゃん。

…を見る、ハリセンボンの赤ちゃん。

カワユス。

ハリセンボンの目って、なんでこんなにキラキラなのかしらん。

アベニーもミドリフグも光を反射して青や緑にキラキラですが、ハリセンボンは目が大きいからキラキラが見えやすい。

その反対側には、大人ハリセンボン水槽。

ハリセンボンのボンちゃん。
名前つけてるあたり、愛を感じます。

円形の水槽なのでちょっとまがって見えちゃうけど。

指ふると寄ってきました。

キャワイイ~!
ハリセンボンのこの眠そうな目がたまらない!

前に来た時はもっと小さかった気がします。成長したのねー。

 

そしてなんといってもこれ。
ミドリフグ水槽~。

謎の2段型のオーバーフロー水槽。
下の低い部分にミドリフグがいます。
他の魚のヒレ噛んじゃうから、別扱いなのかな?

前来た時は真ん中の他の魚が入ってる水槽、もっと高さがあった気が。。。気のせいかな?

ただ、ちょっと暗いので、ミドリフグの白いお腹がグレーに見えてしまうー。
ミドリフグにもうちょっと照明をプリーズ!

水槽自体は幅が2mぐらいあるのかな?んで、環状になっているので、1周したらかなりの距離。ミドリフグたちもガンガン泳いでました。

10センチぐらいによく成長した子たちもいるし。

なんか個性的な顔の子も。ノーズが細いし尾ヒレがでかい~。

指を振ると寄ってくる。かわいい。

ミドリフグは数が多いので、お互いしっぽガジガジしてしまってヒレはアレでしたね。ほんとはもうちょっと隠れられる筒みたいなのがあればいいのかも。ちょっと弱ってる子には流れが速くて、調子の悪い子は水槽の角に溜まっちゃってたなー。

ミドリフグ水槽の隣のムブちん。

この子も綺麗だなあー。

そして表情豊か。

かわいいー。

フグ好きな方、是非行ってください。
9月30日までしか見られないよ!

 

っていうか、魚好きな方、是非行ってください。

大手水族館は超大きい水槽か、大きい水槽か、すごく小さい水槽かしかないけど、
ここの水族館はなんか不思議な中の小って感じの水槽サイズ。
大きい水槽に大量に魚が入っている水族館に比べると
魚1種類1種類をじっくり観察出来る楽しさがあります。

魚も近くに見えるしね。
フグ以外でも楽しいですよー。

個性的なドット柄の子。オシャレー。(名前見忘れ)

コケが生えてる存在がファンタジーなかっこいいワニガメさん。

この亀さんは前来た時は岩のように動かなかったのに、今回はアクティブにじたばたしてました。どうしたんだろう?人が多くてびっくりしてる?

あと、この水族館のいいところは、魚のみなさんが人間が好きみたいで、割とこっち向いてくれるところ。飼育員さんにかわいがられてるんだろうなと思います。

 

見られすぎ(笑)

正面顔が撮り放題でした。

水族館で人が嫌いな魚は壁のほう向いて動かなくてちょいノイローゼっぽく見えちゃう魚も多くいる中、この子たちはなんか手とか振ると興味もって寄ってくるぐらい愛想がいい。

きっと大事に飼育されているから、人間ぎらいじゃないんだなー。とか思います。

前回来た時と同じ魚が少し大きくなってて元気にしてて、1匹1匹を大事に飼っているって感じが伝わってきます。まあそれは展示内容が変わらないってことなんだけど(笑)

なんだろう。。東京タワー水族館って、例えばさかなクンが水族館作ったらこんな感じになりそうっていう感じの、魚が好きな人が作ってる水族館という感じです。

あふれる魚愛。

なくなってしまうのがとても寂しいです。

最後には屋内ですが鯉のプールがあり、100円で餌があげられます。
餌は最初の受付で売ってます。

メチャ寄ってくる。ぐいぐいきます。
みんな相当デカイ。
そして近い。

すぐに進化して陸にあがってきそうな勢いの子ばかり。
生命力パネエ。

閉館したらこの子たちはどこにいっちゃうのかなー。。。
ちゃんとどこか水族館に引き取られて、かわいがってもらえるのでしょうか。
希少で珍しい魚もいるみたいだし。
でもミドリフグとかはアベニーは水族館では引き取られないよなあー。。。

閉館までにもう1回ぐらい行きたいです。

せっかくなので、東京タワー水族館の名前の入ったグッズを何か買って思い出を残したいと思ったのですが、作ってないのか売り切れたのか、オリジナルグッズがあんまりなかったのが残念。

ハリセンボンのボンちゃんのぬいぐるみ買いました。
かわいいよー。

あとちょっとしかチャンスがないけど、皆さまにも是非行ってほしい!

 

 

金と銀の写真。

銀が(1年以上前に)☆になってしまったことをこの間記事にしたのですが、
その時にブログに載せる銀の写真をフォルダから探していたら
2匹で写っている写真が結構あって、
それが超かわいいので
・・・かなりかわいいので(2回言った)
見せびらかしたいという本日の記事。

ほあー!!金と銀でぇーっす!!

ミドリフグ飼うまでは、魚ってこんなに表情豊かだとは思いませんでした。

ぽぅ!!(ピンボケー)

 

こんな顔とか。

はぃやー!!

こんな顔とか。

ミドリフグ飼いの人にはわかると思いますが、
金と銀がいつもこんな風にくっついて一緒に泳いでいたわけではありません。

お互い勝手にぎゅんぎゅん泳いでいて、たまたま2匹が近いときの写真を
私が必死こいて撮っているだけです。

そうすると、

んー?

こんなんや(かわいい)

銀の頭でぎゅりりぃーん!!

こんなんが撮れてました。

ふぬ。

2匹の距離が近いと仲良し風に見える。

銀のカメラ目線。

ただ、金のほうが銀のことを好きで、一緒に泳ごうとしていた感じはありました。
いじめられてたのに。さびしんぼかな。

写真は主に2016年のが多いです。2017年はセパレーターで別々だったもんね。
銀が1か月の拒食から復活したときに、元気なときの銀を残したい!とにかく写真を沢山とっていた感じ。撮りすぎてPCのハードディスクをかなり圧迫していたので、魚の写真専用の外付けHDDを購入したほど撮りまくったよー。

復活銀。

でもおかげで、いろんな表情の金と銀が見れて嬉しい。
えらいぞ過去の私。

どや顔の2匹。

あーかわいい。
って、完全な飼い主ばかですが、しょうがない。飼い主だもの。

っていう2匹の写真自慢記事でした。

 

ただ、金銀の写真の著作権はもちろん私にありますので、勝手に使用しないでくださいね。どうしても使いたい方はコメントとかでご一報をお願いします。

実は金銀の2匹で泳ぐ写真を、過去に何回か無断で使われてました。
まあでも最低限の礼儀として、ちゃんと写真の出展を記載して、金と銀HPのURLのリンクを張っててくれてる方には特に何も言ってません。
ただし、出展の記載もなにもなく、まるで自分で撮った写真のごとくに使用している方がいたので、その時は大手が運営するブログサービスを利用した個人ブログだったので運営元にチクって連絡して金銀の写真の削除を依頼したところ、そしたら後日記事ごと削除されていました。

google先生で画像検索すると結構わかるので、どーせわかりゃしねえと思わないようにお願いします。

ぷんすこ!

無断の写真使用はWebの画像といえども犯罪になりますのでご注意を。