6月の忘備録。

4か月?ぶりのブログ更新。

なんか時間がとれなくって全然ブログ書けません。。。

アクア事情的には日々いろんなことが起きてるっちゅーのに。起こりすぎているので書かないと忘れてしまうよー。

なので、今回は全部忘備録。

特に5~6月は別れと闘病の月でした。

2013年12月頭にウチの会社に入社したブラックモーリーのモーさん(♀)が、6/12に★になってしまいました。

160630_01

モーさんです。

どっかで書いたかと思ってたけど、モーさんの事ブログに全然書いてなかった。無念。モーさん専用水槽にミナミヌマエビと同居してました。

ウチの魚の中でミドリの金の次に社長に気に入られてて、この子だけ毎日社長から餌もらっていた子。(他の子は全部私。)調子を落としても、水替えするかカンパラDを本水槽に投入すればすぐ調子戻してくれた健康優良魚でした。

死因は多分寿命…じゃないかな。ウチに来たときにもう6センチぐらいだったので、生まれて1年ぐらい経っていたのではと思います。ウチには2年半いました。

最終的には8センチ越え。人の顔みると寄ってくる魚よりも人間が好きだった謎の子。さみしいので今はまだ水槽そのままにしてます…。

 

それから。

6/15、卵から育てたアベニーの稚魚をアクアリウムショップに引き取ってもらいました。

160630_04

持っていく直前の写真。全員ジャイ子とシワシワ君の子供。

2014の年末の最初に生まれた子達は、なぜか1年を超える直前に病気で★になってしまって…。ただ、その後の6月と9月に生まれた子たちは、なんだか割と順調に育って、このままいくと水槽が絶賛足りません。でもこれ以上大きい水槽増やせないし、周りに聞いても引き取り手が全然いないし、この子たちの事を考えると過密で育てるよりは…ということで。

この子達は2015年の9月に生まれたから9か月かな。ちょうど10匹。状態のいいもちっとした子のみ里子に出すことにしました。

160630_05

将来のジャイ子を予想させるモチモチ感。

持っていく1週間前にはカンパラD で一応トリートメント。ショップの人には「ちょうどいいサイズ!」と言ってもらえたので、他の魚の餌にはならず売ってもらえるんだと信じたいです。(場合によっちゃ他の魚の餌になることもあるらしいのですが、もうそこは運命にまかせるしかないっていう。。ちょうどいいサイズってまさか餌にじゃないよね?- -; )ちなみにの魚のショップ引き取りは基本タダです。こちらがお願いするんであたりまえですけど。

引き取りお願いしたのは五反田方面の某アクアリウムショップ。って書いたらわかる人には即バレ。ご存じのご近所の方、なんか機会があったら見に行ってみてください。1.5~2センチのアベニーがいたらうちの子かも。粒餌に慣れてるので飼育楽ですよ!デブアベニー遺伝子があるので大きくしたい方は是非!(アピール)

160630_13

お母さんのジャイ子。絶賛元気に3.5センチは超えてるし、シワシワ君の尾ひれかじってDV中。

ちなみに6匹はウチに残ります。現在モチモチ4匹と細細2匹。

でもやっぱ別れはさびしかったです。適当に育てても、人の顔みると集団で寄ってきたりするぐらいなついていたので…。

 

それからそれから。

ミドリフグの銀が今年も拒食になりました。

160630_07

5月の頭の金銀。上が銀。丸い。

5月の頭にこうだったのが、6月末現在にはこう。

160630_06

おなかぺたーん。になった銀。おんなじ魚に見えない!

なんと1か月以上も食べないっていうのをやらかしてくれました。

最初はお腹がパンパン状態だったので、腹水病を疑いましたが、餌を全然食べなくなってから2週間ぐらいしたら痩せはじめました。

温度を上げてもダメ、エビを投入しても全然ダメで、日に日に弱ってきて力なくちょっと泳いではポテッと沈んで、なんか呼吸も苦しそうになってきてハアハアして-の感じになってきていたので、今回はさすがに死ぬのを覚悟したぐらいです。

去年の拒食の時は黄色いウンチしてましたが、今回は液状の黄色いものがおしりから出ているのを発見。食中毒…?

忘備録なんでざっと書きますが、色々悩んで、フラジール錠ってのを入手して投入しました。250mgの1粒の1/8の量です。ウチの水槽は30センチキューブ。水量21リットル。

んで、結果的には治りました。

でもこの薬、おすすめは…しないかなあ…。アルカリ寄りの水質では毒がでる?って節もあるし、本水槽に投薬したら元気だった金とバンブルビーコビーの2匹も一瞬調子を落とすっていう怖い事になったので。まあほかの要因も色々重なったのでなんともいえませんが。でも多分薬は効いたんだと思います。

いまは超元気にしてます。よかったよー!

あとは金ちゃんの肌荒れが全然治らない件をなんとかしないと。

大人アベニーとUFOキャッチャー組のミドリフグは元気パンパンです。

160630_09

右の2匹がUFOキャッチャー組。左のミクは某五反田方面出身。

一人が肥えてきてしまって全員でダイエット中。

160630_10

ひとりお腹ぽよよんのミク。

そんなとこ。ではしーゆー。

ミドリフグの件は今度ちゃんと書く…かな。

 

 

 

 

アベニーの稚魚たち。

お久しぶりでございます。なんだかんだで5月の最終日。。。早い。。。

えーと、久しぶりに去年の12月30日に孵化した子の写真でものっけようかと。

こうなりました。

150531_01

ちょうど半年。6ヶ月目。色が超薄いっす。

元気です。なんか目がでかい。

150531_02

ほげらー。

なかなか愛嬌ある感じに育ってきました。現在尾ひれの先までで2センチ弱ぐらい。このサイズだともうショップに売られてる場合もありますよね。

名前をまだつけてないので、長男って呼ばれてます。(…メスっぽいけど。)

スーパービビりだし、4か月目まで1人で暮らしていたせいか、他の魚とのコミュニケーション力が低いし、体は他の子よりもかなりでかいのに噛まれたりとかしてます。

150531_03

下の2匹は次男と三男。今はこの3匹で同居中。

実は今、長男含め会社に9匹のアベニーの稚魚がいます。

このブログで3匹いるってとこまでは書いたけど、その後1匹、また1匹と水替え時に採取されて、なんか今9匹に。

アベニーのブリーディングをしてる方々からみると「少ねー。」という感じでしょうが、私は生き物を育てるのに超無縁だったので卵から孵化させてなんて超奇跡な出来事。

っていうか、長男もそうだけど1か月も育たないんじゃ…そんなに簡単にいかないだろうにーと考えてました。うーん、実際簡単ではなく毎日水替えするし活ブラインは切らさないようにしないといけないしとか色々アワアワしてるんですけど。

150531_13

手前はプラケースにヒーター入れて、ブラインを沸かすのとコップで稚魚を育てるのを一緒にやってます。奥のサテライトはある程度大きくなった子たちのすみか。

でも、大人アベニーもかわいいですが、稚魚は…。

鬼かわいい。

ってことで、ウチの子達を紹介。(社長も見てね。)

次男。

150531_04

3/9卵採取。3/12孵化。現在2か月と2週間。

と、三男。(いやでもメスかも。)

150531_06

3/22に孵化後1~3日ぐらいのところで採取。2か月と1週間。

次男と三男は、確実にシワシワ君とジャイ子の子供だってわかってます。

その頃他に繁殖活動してる子たちがいなかったので。っていうか、次男にいたっては仕事中に水槽みたらジャイ子が目の前で産卵してるのを発見。すぐにスポイトでその辺探したら採取された子。

次男は体の全体にシワのような模様が入りはじめてます。多分オス?でも柄はかなり私好みのシワ柄なので、イケメンに育って欲しい~。

四男の三つ子。

150531_08

三匹まとめて4/20卵採取。4/23孵化。一匹だけ4/24孵化。1か月と1週間ぐらいか。

この時、11個の卵を採取したけど、透明なのは3個だけでした。でもその3個が無事に育ったー。

150531_09

三つ子の大。3匹の中で一番大きい。

150531_10

三つ子の中。柄が三男にそっくり!

150531_11

三つ子の小。大と中と違って、まだお腹の中がスケスケ。

っていうか四男は実際あんまり見分けがつきません。。。コップで育てていた時はなぜかいつも3匹ギュウギュウに集まってた仲良し三つ子。

っていうか○男のカウントがおかしいんだけど、採取したタイミングの順番で数えているもので、

次が五男。

150531_14

5/4 孵化直後を採取。動き回るので全然ピントがあわない。生後4週間。

この辺から、ブルーちゃんも繁殖行動に参加しているのを見かけているので、親が誰だかわからなくなってきました。ただ、ブルーちゃんはなんかモテなくて産卵してるところは見たことないんですよね。。。

六男の双子。

150531_15

5/11 孵化中を採取。生後20日。

っていうかこの2匹、同じ日に孵化中を同じタイミングで採取したのに、大きさが全然違くなってしまいました。小さい子はブラインを食べ始めるのが3日ぐらい遅かったのと、どういう訳かブラインをお腹いっぱい食べられていない感じ。いじめられている風でもないんだけど。

っていう9匹です。

心配なのは、「全員ジャイ子とシワシワ君の子の可能性が大」ということ。

オス小君はシワシワ君の攻撃もあり、なんか繁殖に参加できていないし、ブルーちゃんはシワシワ君狙いなのにジャイ子に邪魔されて(っていうか噛まれて)こちらもあまり参加できていない様子。

つーか、全員同じ親だと、将来的に柄が同じで見分けがつきにくいんじゃ…。

しかもその先は近親相姦的な…。

困る。

まあとりあえずは無事に育って欲しいところ。

 

この9匹は生まれた季節も良かったのかもしれません。先週透明な卵を3つ採取したのですが、カビにやられてしまいました…。しかも1個は孵化途中でカビていました(T_T) 。夜に孵化が始まったみたいですが、その日は急に温度があがったせいなのか。。。今までは採取時に白濁していない卵はちゃんと孵っていたのに。

冬より夏のほうがアクアリウムは難しいですね。ミドリフグもなんかこの季節の変わり目のせいか食欲不振だし。そろそろ全水槽にファンつけなきゃなー。